2022年9月のステートメント

フラワーデモ川崎

 

性暴力を許さない

性差別を許さない

決して、なかったことにはしない。

一人ひとりの尊厳が大切にされる社会を!


2019年に始まったフラワーデモが全国に広がり、社会を変えています。

そしてわたしたちも、川崎で声をあげてきました。

学びと行動を続けながら、性暴力根絶をわたしたち自身のこととして訴え、だれもひとりぼっちにしない、とつながりを広げています。新しい出会い、わたしたちのアピールに共感してくださる方たちに励まされています。

わたしたちにできることは、決してあきらめずに、声をあげ続けることです。


刑法性犯罪について話し合う法制審議会が山場を迎えています。私たちが求める、被害実態に沿った刑法改正への岐路に来ています。


同意のない性行為は犯罪です!性的同意を常識に!

性交同意年齢は、せめて16歳に!13歳なんて低すぎる。

暴行脅迫要件は撤廃を!

公訴時効を延長すべき!強制性交等罪10年、強制わいせつ罪7年は短すぎる。

地位関係性による性暴力を犯罪に!


被害者に寄り添った刑法実現へ、この9月に大きく声をあげよう!

被害者を守る刑法改正を求める署名を集めよう!



あなたに「# withyou」 の声は届いていますか?

わたしたちは「# metoo」と、その痛みに寄り添えているでしょうか。

「あなたはひとりじゃない」と手を携え、ともに声をあげる仲間を増やしたい。


性暴力は、誰にでも起こりうる身近な暴力です。

だからこそ、わたしたちは自分の生きるこの場所で声をあげ続けたい。

社会は変えられる!という確信と、変えていく!という固い決意をもって。

自らが、そして大切な人たちが生きるこの場所で、フラワーデモに立ち続けたい。


川崎では、フラワーデモに立つその場所で、凄まじいヘイトスピーチがおこなわれています。

個人の尊厳を踏みにじるあらゆるヘイトは、人をモノのように扱う性暴力や性差別とその根源は同じです。絶対に許しません。

あらゆる暴力と差別をなくす、これがわたしたちの活動の源となる想いです。


性暴力を許さない

性差別を許さない

決して、なかったことにしない。


だれもが自分らしく、尊厳を持って生きられる社会を創りたい。

フラワーデモには、その力がある。

私たちが手に持つこの花は、未来への希望です。

あらゆる暴力と差別をフラワーデモの花で凌駕していきたい。


手をつなぎ、声をあげましょう。

性暴力、差別のない社会を創りましょう。

あなたとともに。

閲覧数:170回0件のコメント

最新記事

すべて表示