FLOWER DEMO

ここから。もう黙るのはいやだ。

黙ることでなかったことにされるのはもういやだ。

2019.3.12  福岡地裁
女性が抵抗できなかった状況を認めながらも、

男性が女性が合意していたと勘違いしていたとして無罪。

サークルの飲み会で、男性はこの飲み会で安易に性的な行動に及ぶことができると考えており、

女性から明確な拒絶の意思が示されていなかったと主張していた。

3.19 静岡地裁
強制性交致傷の罪に問われた男性が無罪

女性は暴力を振るわれ反抗が困難だったと裁判所は認めた上で、女性が抵抗できなかった理由は精神的な理由とした。「被告からみて明らかにそれと分かる形での抵抗はなかった」として無罪。

3.26 名古屋地裁
娘が中学2年生のときから性虐待をしていた父親が無罪。裁判所は、娘への性虐待を認めながらも、罪に問われた2年前の事件について、自分から服を脱いだ、父親の車にのってホテルに行ったことを理由に、「抵抗しようと思えばできた」として無罪。

3.28 静岡地裁 当時12歳の長女を2年にわたり週3の頻度で強姦していた罪で問われた父親に対し、家が狭いことを理由に少女の証言は信用できないとして無罪。家から押収された児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪で、罰金10万円。

3.12  福岡地裁の判決を期に裁判官のジェンダー教育を訴える声に対し、弁護士を中心に冷笑する声があがる。

性暴力に関する司法判決に対する疑問の声を「冷静」に封じ込めようとする空気に対し、

戸惑いと怒り、疑問の声が高まり、その声が声を呼ぶように私たちは4月11日東京で声をあげました。

4.11東京駅からまっすぐのびる行幸通りで花を持って集まろう。声をあげた性暴力被害者へ、声をあげられない被害者へ、そして私たちは性暴力を許さないという声を上げ続ける、そのために共にいる#WithYou の思いを込めた花を、それぞれが身につけることだけを決めて集まりました。

その呼びかけに約400人〜500人が集まりました。多くは女性たちでした。

風の強い寒い日でしたが、予定されたスピーカーが話し終え1時間経った後も誰も帰ることができず、次々に「私も話します」とマイクを持ち語りはじめました。

 

ここから。もう黙るのはいやだ。黙ることでなかったことにされるのはもういやだ。合意のない性交が罪にならない社会は嫌だ。そのために何ができるか。まずは話し合おう、考えよう、痛みをわかちあいながら。

 

​未来を変えていくための、社会を変えていくための、性暴力を許さない声をあげるためのフラワーデモです。

※4月11日に集まったことから、全国にフラワーデモが広がりつつあります。5月11日には大阪・東京・福岡 6月11日には札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・神戸・下関・福岡・鹿児島で行いました。

※フラワーデモを主催したいという方は koe@flowerdemo.org にご連絡ください。

Copyright © 2019 Flower demo All Rights Reserved.Email us for more information: koe@flowerdemo.org

  • グレーTwitterのアイコン